遺言書作成

遺言には自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3つの方式があります。


「自筆証書遺言」
遺言者が手書きにより遺言書の全文、日付、氏名を書いてこれに押印するもの。手軽に作成でき、遺言の内容も秘密にできますが、要式不備で無効になったり、文章表現次第では遺言者の意図が明確に伝わらず争いの元になったりするケースもあります。

「公正証書遺言」
公証役場に出向き、証人2人の立会いのもと遺言者が話した内容を公証人が文章にするもの。少々手間と費用はかかりますが、要式及び内容の正確性が担保され、遺言が無効となる恐れもなく最も確実な方法です。原本は公証役場に保管され遺言者には正本及び謄本が交付されます。

「秘密証書遺言」
遺言者が遺言書本文を作成(手書きでなくてもOK)し署名・押印します。それを封筒に入れ封をして遺言書に押した印鑑で封印をします。それを公証役場に持ち込み、公証人が証人2人の立会いのもとに遺言書の証明を行うもの。遺言の内容を秘密にすることはできますが、手間と費用がかかり、自筆証書遺言と同様、無効になる恐れや争いの元になる懸念があります。

当事務所では上記の方式のなかで最も安全で確実な「公正証書遺言」での遺言書作成をお勧めしています。遺言書作成をお考えの方は当事務所へご相談下さい。

お問い合せ・ご相談は電話0466(28)0202までお気軽にどうぞ

最近のコラム記事


Warning: Creating default object from empty value in C:\xampp\htdocs\lfirm\modules\mod_k2_content\helper.php on line 419

Warning: Creating default object from empty value in C:\xampp\htdocs\lfirm\modules\mod_k2_content\helper.php on line 419

Warning: Creating default object from empty value in C:\xampp\htdocs\lfirm\modules\mod_k2_content\helper.php on line 419
  • 白と黒 その3
     小学校に入る前、わたしの12色のクレヨンには黒の色がありませんでした。祖母が、小さいうちは黒いクレヨンは使っちゃいけないと言って、取り上げてしまったのです。 私は祖母に抗議しました。だって、髪の毛は黒いでしょう。地面も黒いし、犬やネコにも黒い毛が生えています。
    in 裁判事務 Read more...
  • 白と黒 その2
     「出るところに出て、白黒はっきりさせよう」とか「出るところに出て身の潔白を証明する」などと言われることがあります。この「出るところ」というのは裁判所の法廷を意味しています。
    in 裁判事務 Read more...
  • 白と黒 その1
     炊飯器からメロディが流れます。それを聞きつけた子供たちは一斉に炊飯器の前に並び、母親を見つめます。 母親は真っ白な炊きたてのご飯の表面をしゃもじでちょっとすくい、横に置きます。すると子供たちが唱和します。「神様と」母親はまたちょっとすくって横に置きます。すかさず子供たちが唱和します。「仏様と」もう一度すくって横に置きます。「ご先祖様に」1回拍手をし、手をあわせたまま「ありがとうございます」と頭を下げます。
    in 裁判事務 Read more...