不動産を相続された方

お亡くなりになった方が不動産を所有していた場合に、遺言で特に指定のない限り、その不動産は相続人の所有となります。相続人が複数いる場合にはそ の方々で共有していることとなります。そして相続人へ不動産の名義変更をするには、相続を原因とした所有権移転登記を行います。

かと言って、不動産を相続した場合に相続登記をすぐにしなければならないと言うことはありません。しかしその後、長期間放置しておくと次の相続が発生したりして権利関係が複雑になり、いざ登記をしようとなった時に大変な労力を費やすことになり兼ねません。

また、遺言がある場合や相続人の間で遺産分割を行う場合など、不動産の相続登記をするにしても、ケースごとに必要となる手続きや書類が変わってきます。


「不動産を相続したのだけれど何から手をつけて良いか分からない」そんな時には、当事務所にご相談下さい。

お問い合せ・ご相談は電話0466(28)0202までお気軽にどうぞ

最近のコラム記事


Warning: Creating default object from empty value in C:\xampp\htdocs\lfirm\modules\mod_k2_content\helper.php on line 419

Warning: Creating default object from empty value in C:\xampp\htdocs\lfirm\modules\mod_k2_content\helper.php on line 419

Warning: Creating default object from empty value in C:\xampp\htdocs\lfirm\modules\mod_k2_content\helper.php on line 419
  • 白と黒 その3
     小学校に入る前、わたしの12色のクレヨンには黒の色がありませんでした。祖母が、小さいうちは黒いクレヨンは使っちゃいけないと言って、取り上げてしまったのです。 私は祖母に抗議しました。だって、髪の毛は黒いでしょう。地面も黒いし、犬やネコにも黒い毛が生えています。
    in 裁判事務 Read more...
  • 白と黒 その2
     「出るところに出て、白黒はっきりさせよう」とか「出るところに出て身の潔白を証明する」などと言われることがあります。この「出るところ」というのは裁判所の法廷を意味しています。
    in 裁判事務 Read more...
  • 白と黒 その1
     炊飯器からメロディが流れます。それを聞きつけた子供たちは一斉に炊飯器の前に並び、母親を見つめます。 母親は真っ白な炊きたてのご飯の表面をしゃもじでちょっとすくい、横に置きます。すると子供たちが唱和します。「神様と」母親はまたちょっとすくって横に置きます。すかさず子供たちが唱和します。「仏様と」もう一度すくって横に置きます。「ご先祖様に」1回拍手をし、手をあわせたまま「ありがとうございます」と頭を下げます。
    in 裁判事務 Read more...